商品説明

常花(じょうか)は、蓮の花をかたどった造花です。仏教では、蓮は泥の中に生えていながら、美しい花を咲かせることから、悟りの象徴する重要なシンボルとされています。常花とは、「永遠に咲き続ける花」「枯れない花」を意味しています。お仏壇を荘厳(美しくおごそかに飾ること)するためのもので、生花では手に入りにくかった蓮の花の代わりとして用いられます。※写真の花立ては付属しておりません。

1対(2本)セットです。
半対(1本)のみお求めの場合は半額となります。
お会計2ページ目の備考欄に、半対をお求めの旨をご記入ください。

高さは茎の根元から上の部分です。手作りのため、高さには若干のずれがございます。

※画像は『11本立』です。

※常花のみの販売となります。画像の花立は付属しません。

商品サイズ

高さ奥行き
51cm--