古来より和包丁といえば大阪の堺といわれるほど有名な堺菊守の出刃包丁です。この包丁の材質の特徴は、切れ味を優先しながら、なおかつ錆びにくくしている点です。
また、堺菊守の包丁の特徴として、いかに長い期間切れるかということについて非常に研究されており、有名な安来鋼(やすきこう)を鍛造する(この業界でトップクラスの鍛造回数)ことにより、強さと粘りを出しています。安来鋼の特徴として非常に不純物が少ないことがこの包丁の性能を支えています。
この包丁は刃渡りが19.5cmで全長が35.5cmあり、たい、かんぱち、ぶりなどの大型の魚をさばいたりするのに向いています。